梅干しはクエン酸が豊富に含まれていて、夏バテ防止になる食材です。夏は水分の摂りすぎで塩分が薄まってしまい、「水をしっかり飲んでいるのにだるい」といった症状も出やすい時期です。梅干しなら塩分もしっかり摂れるので、食事のときに一粒加えてみましょう。お弁当などに一粒入れておけば殺菌力も高く食中毒も防止でき、しかも塩分が補給できるのでおすすめです。あまり食べる習慣がない、あるいはそのまま食べることに抵抗があるという場合、麺類のつけだれに一粒入れて崩して食べたり、手作りドレッシングに使ったり、焼酎などに入れたりするのもおいしく摂れます。自家製のものがあると便利ですが、ちょっと値段の高めのおいしい製品を買っておくと楽しみにして食べられます。夏だけの贅沢だと割り切って、自分の好きな製品を買っておくのもいいでしょう。

体の酸とアルカリを中和する梅干し

肉類や炭水化物ばかり偏って食べていると、体が酸性に傾きすぎてよくないと言われます。それに、肉類の脂質や炭水化物の糖質は胃腸に負担をかけますので、なんとなく胃がもたれることがあります。梅干しは体の酸性をアルカリに戻してくれる働きがあるので、肉類を食べ過ぎてしまったときに一粒食べるのがおすすめです。もちろん脂質や糖質がゼロになるわけではありませんが、体のバランスを整えてくれます。また唾液がたくさん出るので胃のもたれもすっきりします。体をアルカリに戻してくれるのは野菜や納豆などですが、どうしても野菜が嫌い、納豆が食べられない、という場合に梅干しはおすすめです。日の丸弁当というものが日本には昔からありますが、これはお米の酸性を一粒の梅干しでアルカリに戻し、バランスを取った昔の人の知恵だと言えるでしょう。

梅干しに関する主な特徴

かなり酸味が強いことが、すべての梅干しにおいて共通している大きな特徴となっています。そして、この酸味に関してはレモンなどによる柑橘類にたくさん含まれているクエン酸に由来しています。そのために、これらに関しては健康食品としても有名となっています。特に紀州である和歌山県の梅干しについては有名となっています。また、田辺市やみなべ町に関しては一大生産地であり、南高梅と呼ばれている品種のウメを用いているものが最高級品とされています。なお、和歌山県推薦優良土産品において指定されています。また、伝統的製法によって作られているので、土蔵などによる保管に適している環境では腐ることなく、100年前に作られているものでも食べることが出来ます。しかし、希に黒色に腐ってしまう場合があります。しかも、クエン酸による効能のほか、それぞれの薬効があるとされています。